FC2ブログ
cloud racing
2018/11/16

4回目の日光サーキット!

今年8月末頃から走り始めた日光サーキットも4回目となった!
11月中旬だというのに最高気温16度の快晴で風こそ冷たいけど暖かい最高のサーキット日和に
今日のメンバーはS方さんGSX-R1000、K池さんR1-M、T村さんデイトナ675R、僕の無印R1の計4台

いつものように8時着でS方様御一行様の為にピットを陣取っておき(笑)
IMG_3509.jpg

皆様到着~♪
IMG_3511.jpg

1本目は仕様変更の様子見とリアタイヤの皮むきに8周程走り、やはりギアチェンするのは忙しく走りに集中出来ないので、リアスプロケを43丁から42丁に戻すことにした。

2枠目、3枠目もいつものように混んでおり、クリアラップほぼ取れず、タイムも39秒6までしか出ない状況…
最後の15時30分の枠が空いてくれることを願い14時30分の枠は飛ばして待ってみることに。

で、最終15時30分枠は身内4台含め合計6台という良い感じの台数に
しかし日も落ちて日中25度位あった路面温度も12度まで下がり冷たい強い風も吹き始め、コースのほとんどが日陰になってしまいなんとも嫌な雰囲気に(笑)

念願のクリアラップが沢山取れるのに4本目ということもあり、疲れと日が落ちて日陰の寒い感じと低い路面温度が気になりいまひとつテンションが上がらない…
一旦ピットインして集中し直し、意を決して再スタートした。
そこから39秒台前半が連発するも最終的には39秒1までしか出せず、ベストを0.1秒短縮しただけで、38秒台には入れることが出来なかった。
前回同様またガス欠症状をやってしまい、リズムに乗って来た時にガソリンを入れに戻り時間切れになるし…
相変わらずバカは直っていない…

日光サーキットは11月までで2輪の走行枠は無くなるので、今年のチャンスはあと1回、その1回も天気が良いかもわからないので、本当なら今日中に38秒台には入れておきたかった。
クリアが取れないなら走行枠の時間配分なんかも良く考えやっていく等していかないと出せるタイムも出せないと勉強になった。

人間的にはまだ限界じゃないので、38秒台は出せるとは思うけど、年内に出せるかが天気と混み具合という運まかせになりそう。
走行2回目で39秒台には入っているのに、毎回ベスト更新しているとはいえ、ここにきて3回連続39秒台で足踏みしているような感じがどうも許せない
自分を追い込み次回は走れたら必ず38秒台のノルマは達成する

IMG_3513.jpg
今日は前回の39秒2を出した時より第三セクターが0.93も遅い、第一セクターと第二セクターのベストは更新している。
今日走ったセクターごとのベストを繋げると39秒160になり、自分の第三セクターのベストをそれに当てはめると39秒077になる。
今までの実績のベストタイムは全て良いとこどりだとして39秒フラットなのだから、ミスなくしっかり繋いでコンマ一秒縮めれば38秒台に入る計算(笑)

皆様お疲れ様でした~♪

走行動画はこちら↓↓




スポンサーサイト
2018/11/14

トリッカー初ツーリング!

昨日はトリッカーで初ツーリングに行ってきた!
S方さんセロー225w、Ryuちゃん新車セロー、Katu君848、僕のトリッカー、計4台でのツーリング
若干1台組み合わせが変んだけど…(笑)

西湘PAで待ち合わせ(若干1台写ってないけど…)
IMG_3493.jpg

熱海を超えクネクネ~っとして良く分からない場所のコンビニで休憩~
IMG_3494.jpg

この段階でトリッカーのオンロード性能の優秀さに驚くも調子に乗って走っていたらつま先が地面に擦った途端にフロントタイヤが浮いてしまってガガガっとフロントが逃げてコケるかと思った
おニュータイヤはやはりグリップ感もあり調子良かったのだけど、オフ車で舗装路のワインディングを走るのが初めてなので、走り方とタイヤをどこまで信用していいかが分からない…

で、気づけば御殿場を超えて足柄の辺に居た(汗)
IMG_3496.jpg

トリッカーに後光が差し
IMG_3497.jpg

そこからさらにクネリ気づけば絶景に
A沢君が彼女と来たことがあるとかないとか…
IMG_3500.jpg

IMG_3499.jpg

天国から光が差し
IMG_3501.jpg
お迎えが来たのかと思ったけど…
なんとか無事に帰れました(笑)
IMG_3502.jpg

S方さんの先導してくれたルートが最高でホント楽しかった
空冷単気筒のトレール車って超侮ってたけど、市街地からワインディングまで超楽しい(笑)
乗り手次第では相当なポテンシャルがあるし、常に全開で攻めてる感にやりきった感が凄く、超満足できる!
今日は走行距離にしたら200キロも走ってないけどリッターバイクで300キロ走るツーリングより満足感が高い!

多分トリッカーしか乗ったことが無かったらこのバイクの良さに気づかないかもしれないけど、今までに色々なバイクに乗ってきて、現在もリッターSSでサーキットを走ったりしているからこそ、この手のバイクの楽しさが分かるのかもしれない。

オンロードもこんなに楽しいのに、これで林道も入っていけるのだから文句のつけようがない。
こんなことならもっと早く買っておくのだった。

トリッカーツーリング、すっかりハマってしまった
楽し過ぎる~(笑)

新品タイヤは、あんなに激しかった髭も全て取れて…
リアは120/90という高い扁平率もあってサイドはたまに使う程度みたいだけど髭がちゃんと取れてるからそれなりにサイドは路面に当てっているのだと思う。
IMG_3506.jpg

フロントはキッチリサイドまで使いきり、このまま何度かツーリングに行けばポつポつも消えてしまうと思う。
IMG_3507.jpg
リッターSS等ではフロントの端まで使い切るのが大変なのだけど、トリッカーはフロントの端までの方がリアより使えるのは何でだろ?
旋回中はほとんどリア荷重なんだけどね…

とにかく言えることは、トリッカー最高~(笑)
大型バイクを持っている方のセカンドやサードバイクとしてお勧めします!

走行動画はこちら↓↓
2018/11/13

YZF-R1 タイヤ交換!

トリッカーに続き、R1のタイヤも交換した!
といっても今回はリアだけ
フロントは前回の日光サーキットを走る時に新品に変えたばかりなので、まだ走行時間が40分程度
御覧の様にまだセンターにお白線が残っている状態
IMG_3491.jpg

リアの走行時間は3時間で左側は9部山位残っていて勿体なかったけど、右側が4部山程度だったので、次回の日光サーキットを考えると走行中に右側がご臨終になることは確実だしケチって逆履きしてコケてもつまらないし、何よりタイヤのせいでベスト更新出来なかったら一番つまらないので、今シーズン最後の大奮発をした(笑)
といっても5%引きのキャンペーンの時に買っておいた物なので、今回は工賃しか払っていないからなんだか得した気分?に(笑)

で、リアタイヤの画像~
IMG_3489.jpg
う~ん、超グリップしそう(笑)
スリックタイヤは格好良いね♪

さらに次回の日光サーキット対策の為にリアスプロケも43丁に戻した。
IMG_3490.jpg
2速、3速を使う作戦は上手くいかない可能性もあるので、一応現地で対応できるように、スプロケは手持ちの41丁、42丁も持って行こうと思う。

ブレーキフルードも変えたし、準備万端!
次の日光サーキットが楽しみだ


2018/11/13

トリッカー タイヤ交換!

先日個人売買で入手したトリッカー!
2014年式、8600キロ、林道使用無し、傷錆びほぼ無し、というトリッカーの中古車としては極上とも言えるコンディションで入手した。

そのままの状態で乗ってしまう人も多いと思うけど、バイクのコンディションには神経質な僕ちゃんは、入手後に一通り主要な納車整備をバイク屋さんにしてもらっていた。

その時にタイヤの山はまだ結構あったし、オフ車だからそんなに鮮度が高いタイヤじゃなくても良いかな~と思いタイヤはそのままにしていた。
しかし乗ってみてビックリだったのが、オフ車なのにオンロードの走破性の良さ。
オンロードもかなり攻め込めるので、経年老化したカチカチに硬くなっているタイヤでは安心して攻めれない、てか滑る。

そこでタイヤ交換を決めたのだけど、ここで問題が…
一般的なオフ車のホイールサイズはフロント21インチ、リア18インチというのがほとんど。
しかしトリッカーはフロント19インチ、リア16インチという特殊なサイズ。
現行車ではトリッカーくらいしかこの特殊なサイズは無いので、当然タイヤメーカーもほとんど販売していないのが現状

トリッカーの社外タイヤでのド定番はこのIRCのGP-210くらいしか無い。
tire.jpg
僕の場合は林道も少しは走りたいので、このGP-210ではオンロードに偏り過ぎていて自分の使い方には駄目…

で、色々ネットで調べるもパターン的に一番オフタイヤっぽかったのが、このダンロップのK460
ae84524ac4ca9212747cc46ad7517920.png
昔のバイクでAX-1とかいうバイクの純正タイヤらしいのだけど、これもパターンはオフっぽいのにオンロードし志向が強いみたい。しかもリアはチューブレス。

結局タイヤは純正、GP-210、K460の3択しかなく、オーナーさん達のブログ等を読むとオンオフ両方のバランスがもっとも良いのは純正装着タイヤであるブリジストンのトレイルウィングTW201、TW202という結論に至るのであった(笑)
トリッカー専用に開発されたタイヤなのだから悪い訳は無く、鉄板なので、結局純正を入れることに落ち着いた。

じゃ~ん
IMG_3484.jpg

IMG_3485.jpg
て代り映えの無い見た目なのだけど、新品タイヤは気持ち良いね~♪
やっぱり触ってみるとタイヤサイドなどの柔らかいこと
超グリップしそうだわ

これで安心して攻められる
タイヤは減っていなくても1年に一回は交換するようにしていたけど、オフ車もバリ溝でも年1は交換することにしよっ♪

なんだかタイヤが綺麗で新しいからかトリッカー君が男前に見える(笑)
IMG_3488.jpg
車両購入金額にメンテ代金やタイヤ代をプラスすると結局新車を買えたんじゃない?
という突っ込みは入れないでください(笑)



2018/11/12

日光サーキット攻略策!

今年8月末頃から走り始めた日光サーキット!
左左左、右右右右~と徹底的にバイクが寝てばかりの変なレイアウトに最初はビックリしたけど、数周走ってみれば楽しい~じゃん♪となり今は結構気にいっている。

これまでに合計3回走行してタイムは以下の通り
1回目 41秒0
2回目 39秒7
3回目 39秒2
といった感じ…
実はどの走行枠もクリアラップがほとんど取れなくて自分的にはリズムに乗ってしっかり攻めれたという感触は3回中、1回も無い
最低限3周連続、欲を言えば5周連続位クリアラップが取れればもっと良いタイムを出す自身はある。
おそらくR1の今の仕様のままでも38秒9位なら出ると思われる。

ただそれ以上のタイムを出すにはパワーリフトしまくってアクセルを開けられない状態を改善しないことには絶対に無理!
このクリアラップとパワーリフトの問題を解決出来れば38秒5位までなら出せる手ごたえは感じている。

日光サーキットは250や400の中型バイクが主役というか走行している率が非常に高く、大型バイクで走っているのはほとんど見た事が無い。
レースのリザルトを見ても大型は無く、中型までしかない。

バイクが寝てばかりで、直線のスピードでタイムを稼げるようなレイアウトでは無いので、大型バイクには向かないサーキットなのは確かだと思う。

大型バイクのリザルトが無いので、どれだけのタイムを出せば大型で速いと言えるのか指標が無いのだけど、新コース(今年からコースレイアウトが少し変更されているみたい)に変わってからのレースのリザルトと見てみると最新のもので38秒7が最速。
日光チャレンジロードリザルト

中型バイクに有利で、大型バイクに不利なコースとはいえ、最新のリザルトでRVF400が出している38秒7位は自分でも出したいし、先に上げた問題点を解決すれば出せる自信はある。

で、クリアラップはもうその日の空具合や走行している人達によって左右されるので、それはもう運に任せるしかないのだけど、R1のセッティングは38秒台が出せる状態にしておきたい。

ただ現在のR1のパワーモードはECU書き換え後の状態でパワー3(ノーマル相当)にしている。
これ以上パワーは下げれない状態。
なのでとりあえず試してみたいのは、リアのスプロケを42丁→43丁に戻して、オール2速ではなく、2速3速を使って攻める方法。
実はこの方法は初走行の時に一度試してみたのだけど、バイクが寝てばかりのコースなので、3速にシフトアップするタイミングが難しく、より操縦が忙しくなるので、直ぐに止めてオール2速での走行に切り替えていた。

でも今はあれからさらに走りこんでいるので、その3速に入れる忙しい操縦にも対応できるかもしれないので次回の走行で試してみるつもり。

それで3速に入れるタイミングなのだけど、6コーナー(通称えんぴつ?)を立ち上がりから右の高速コーナー入り口である8コーナー進入手前でシフトアップして3速のまま8,9の高速コーナーを抜けて最終シケイン進入時に2速にシフトダウン。
メインストレートはギア比がよりショートになっている分ウィリー対策で全開には出来ないままだけど、ここはある程度捨てようと思っている。
おそらく大型バイクで一番速度が乗せれるのが6コーナー立ち上がりから裏ストレートエンドまでだと思うので、ここでいかにスピードを乗せられるかが今の状態から38秒台に入れるポイントになってくるはず!

次回はその作戦を成功させて年内に38秒台を出して気持ち良くシーズンオフを迎えたい。

3520233172300xrfimage0.jpg