FC2ブログ
2019年06月 - cloud racing
2019/06/28

YZF-R1楽しい~♪

先日、水洗いしただけのWR250Rを各部磨き直し&チェーン清掃や給油をしている間に久しぶりにR1のバッテリーも充電した。
前回の充電から2ケ月以上経過していたので、2時間充電しても満充電にならず、発電機に繋げて充電したまま一旦仕事へ戻る。

夕方帰ったら充電が完了していたので、なんだか急に乗りたくなり、ノー〇ル、スーツのまま近所を試乗(笑)
3速までパワーリフトして楽しいったらない
ノー〇ルなので、風圧に顔面が耐えられない&周りの目が白いので早々に帰宅…

あらためて本日夕方にチョイ乗りしてみた。
今度はちゃんとヘル〇ット着用~

暴力的なパワーと直進安定性、コーナーリングの安定性が超気持ち良い!
ス〇ックタイヤのままでも暑いので、すぐにタイヤも温まり全然滑る気配はない。
この7か月間は、本当に乗らなかったので、一時期はモタードとか気軽にストリートを乗れるバイクに買い替えようかと思ったこともあったけど、やっぱり自分には暴力的な加速&馬力を持つバイクが1台は無いと駄目なことに気づく(笑)

サーキット専用車にしていると、ホントに乗らないので、ストリートも気軽に乗り出せるような仕様に変更しようか検討中…
新車購入なので、車検も3年あったのに、ほとんどストリートを乗らず1年半が過ぎてしまってなんだか勿体ない。
年齢的にも人生最後のレーサータイプのバイクになるだろうから、もっと乗って楽しみたいかな~と思った次第です


ポートレートで撮影するとなんか綺麗
IMG_4846.jpg

IMG_4847.jpg

IMG_4845.jpg

スポンサーサイト



2019/06/19

一か月振りの成田MXパーク!

一か月振り、8回目の成田MXパークに行って来た!
日陰を求めいつもと反対側に停めるも、実は昼からはこちら側がずっと日向だと後になって気づくのであった(笑)
IMG_4809.jpg

テントも設営し、F田部員様の到着を待つ
IMG_4810.jpg

準備も整いほっと一休みしようと思ったら、成田名物のカネコがちゃっかり僕の椅子に座っているではないか…(笑)
猫でも地べたの土は嫌なのか??
IMG_4811.jpg

カネコにコロッケパンをお裾分けした隙に自分の椅子を奪還するも今度は工具箱の上で寝る始末…(笑)
工具が取り出せません…
IMG_4813.jpg

こ汚なく、ブちゃいくな感じなのに、この子はなつっこくて憎めないというか、可愛い(笑)
猫が苦手な僕でもつい可愛がってしまうカネコちゃんであった


肝心の走りはなんせクソ暑いので、休憩が多くなり、障害物で遊んでは休憩、林道を走っては休憩と滞在時間8時間中乗ったのは3時間無かったかもしれない


走行動画はこちら⇊




2019/06/15

2回目の富津SSランドへGO!

昨日は、2回目の富津SSランドに行って来た!

近いので8時前の遅い時間に出たらベイブリッジ手前から渋滞~
IMG_4802.jpg

ようやくアクアラインを抜けて~
IMG_4803.jpg

到着!
昨日はI平ちゃんが珍しく平日に休みが取れたので参加~♪
IMG_4805.jpg

前回の反省からテント持参で日陰バッチリ対策
F田部員がクロストレーナーを買ったお店の店長さんも走行されるとのことで合流~
IMG_4806.jpg

本格的に全日本エンデューロに出場されている店長さんに沢山教えていただき、充実の1日となりました。
天気もそれほど暑くなく良かったのだけど、本コースは大きな水たまりが多く走れたもんじゃなかったので、ミニコースで楽しんだ。

ミニコースも水たまりが2カ所あったのだけど、こともあろうかその水たまりで2回もコケてしまい、2回目は思いっきり水たまり内でコケたので、パンツまで泥水でグショグショに…
泥が酷すぎてグローブも使えない位になってしまった

最高に楽しい1日となったのだけど、また怪我を増やしてしまい、まさに体中傷だらけ…

走行動画はこちら⇊








2019/06/09

ハッピーエンデューロ 2nd に参戦してきた!

昨年11月頃からオフ遊びを初め、12月末からWR250Rに乗り換えて猿ヶ島など遊びだし、オフ歴半年だけど、とうとうエンデューロレースというものに参加した(笑)
もちろんメンバーはF田部員と僕ちゃんの2名~

場所は日野カントリーオフロード
いきなりハードエンデューロで有名なコースがデビューの場
オフロード雑誌のダートスポーツ主催ということもあり、初心者も参加しやすいような話だったけど、ガチ勢が多くビックリした
僕らが出たのは90分エンデューロだったのだけど、おそらく初心者向けは、40分超初心者エンデューロという枠だったのだと思う…

5時30分に自宅を出て、7時30分受付終了ギリに到着(汗)
で、肝心のお天気は…
IMG_4782.jpg
はい、梅雨入りしたので、見事に雨です…(笑)
前々日の大雨もあり、マディな最悪コンディションです。

霧にもつつまれております!
IMG_4783.jpg

雨なら棄権しようと言っていたはずのF田部員は、この笑顔…
はい、やる気満々で御座います(笑)
IMG_4784.jpg

僕ちゃんはというと、先々週あたりからの喘息の調子がいまいち悪く、この天気のせいで、朝から息苦しくこのままレースに出たら山の中で発作が出るのではないかという心配で出ようか危険するか、凄く悩み、結局出ない決断をした

レースのスタートはこんな感じのルマン式スタート。
IMG_4786.jpg

可愛いご子息が来ていたせいなのか、いつも以上にやる気満々で元気なF田部員
IMG_4789.jpg

棄権すると主催者に伝えて、呑気にF田部員の撮影に徹していたら、スタート15分前にアナウンスが…
路面コンデションがかなり悪いので、難所を2カ所ショートカットに急遽変更したとのこと。
それを聞いた僕は、難所が無いなら、喘息の発作の心配もかなり減るし、難所で渋滞してにっちもさっちも行かない状態にならないなら、体調が悪くなったら、直ぐにその場で棄権してトランポに帰れると思い、急遽棄権を取り消し、出場することにした(笑)

スタート15分切っているというのに、トランポに慌てて戻り、バイクもそこから降ろして空気圧計ってガソリン入れて、着替えてと大忙し

プロテクターを着ける時間も無かったので、胸部プロテクターだけ装着してダッシュでスタート地点へ。
奇跡的にギリでスタートに間に合い、慌ただしくルマン式スタートを切った(笑)

初のエンデューロなので、どんなペースでどの様に走ってよいか分からなかったのだけど、スタートした時点では4位に着ける好スタートを切った。
しかし、開始早々僕の目の前の人がなんでもないような斜面でスタックし、その後ろに居た僕は行く手を阻まれ、後続に次々と抜かれてしまう

その直後、ウッズエリアに入ったら路面がかなりスリッピーでヤバい感じ。
そこでF田部員の後ろにピッタリ着けていたのだけど、後ろから大声で叫びながらラフなライディングをしてきた2台に叫びながら無理やり狭い場所で接触する勢いで抜かれ、ビックリして崖側に転倒してしまった

ヘルメットを被っている時の僕は気が強いので、あまりに頭に来てそこからは、喘息のことを忘れ、その2台に体当たりしてやろうと怒りに燃えて斜面から火事場の屎時からで引き上げアグレッシブに追う

ガンガン攻めても崖下に一旦落としたロスはデカく、どこにその連中が居るのか全然発見出来ない…
そうこうしているうちにF田部員に追いつく。
F田部員を刺す場所まで決めて楽しみに後ろに着いていたのに、ここでF田部員のド天然がさく裂…(笑)
なんとコースのテープをわざわざくぐり、自らコースをアウトするというド天然っぷり

僕はメットの中でそっちじゃないよ~と叫んだけど、聞こえるはずもなく、そこでF田部員とは完全にはぐれてしまった
1人になって寂しいやら不安やらだったけど、とにかくあのムカついた奴らに仕返しがしたい一心でひたすら走る。

未だかつて乗り越えたことのない巨大丸太も登場して絶対に普段ならチャレンジもしないし、乗り越えられないような丸太なのに、怒りで勢いのついた僕は、躊躇なく余裕で乗り越えに成功する(笑)

ただでさえ90分なんて糞長い時間なのに、雨でマディなので、かなり疲れる。
開始30分位の時点で、まだ30分かと、とても辛かった。
自分を奮い立たせながら、ひたすら走る。
バックマーカーもかなりの人数出てきて、誰がバックマーカーで、誰が自分より前の人で自分が今何位なのか分からないのがなにより辛かった。

WR250Rの時計も泥で汚れまくり時間も見えず、あと何分だよと思いながらひたすら走り続ける。
難所が2カ所カットされたことにより、一度も止まらない走りっぱなしの90分スプリントレースみたいな状態になっていたので、まったく体が休めず、どんどん疲労は溜まってくる。

バックマーカーが斜面で5.6台渋滞している場面も多々あったけど、その後ろに着くと順位を落とすし、後ろに接近されるので、わずかな間や、新たなラインを考え止まらず走り続ける。
このバックマーカーや渋滞の処理が初めての僕にはかなり難しかったのだけど、その処理にも段々と慣れてきて、レース後半には結構ロスなく処理出来るようになっていた。

オフィシャルの方があと30分と看板を出した時は、少し終わりが近づいた安心感と疲労感で、そこから集中力が無くなってくる。
いままでハマらなかった斜面でハマりそうになったり、転倒しそうになったりともうフラフラ(笑)

残り15分の合図を見たら、気を取り直して攻めの姿勢に出た。
コカされた以外は無転倒、無スタックでなんとかそのまま無事にチェッカーを受けた。

で、結果は…
ゼッケン13の僕が総合7位、クラス5位
ゼッケン14のF田部員は総合11位、クラス8位

47台の参加者中で、オフ歴半年で初レース、尚且つマディな悪いコンディションで4月末に一度だけ走っただけの日野で、とか色々と考えると2人とも上出来のリザルトだったかな?と思う。
僕は本音を言えば5位以内に入りたかったけど、スタート直後にスタックした人に行く手を阻まれたのと、あの輩2人にコカされたのが響いてしまった。
リザルトには車種が出ていないけど、エントリーリストには車種が出ているので、47台の参加者中、トレールは僕を含めたったの6台。あとは基本的にレーサーなので、僕はトレールでは最上位だし、並み居るレーサー、YZやCRF、ハスク、KTMといった連中を抑えナンバーも付けたままのトレールで勝てたのが何より気持ち良かった!
トレールの皆さん、WR250Rオーナーの皆さん、タイヤを替えるかけで、あとは人間次第でどうにでもなりますよ~(笑)

レースの最中は、拷問の様に辛いので、二度と出ないと思いながら走っていたけど、不思議と完走した後はF田部員と2人して、今まで味わったことのない充実感に満たされました。
F田部員に限っては辛いどころかレース中も楽しかったと言っているくらいなので、ホント恐れ入ります

リザルトはこちら
IMG_4792.jpg

IMG_4795.jpg

ブーツの中まで土が入り泥だらけになったけど、途中オーバーヒート臭い匂いもしてきたけど、なんとかノントラブルで最後まで頑張ってくれたWR250R君にも感謝!
IMG_4791.jpg

走行動画はこちら⇊
今回は、僕はスタート準備でバタバタしたので、カメラを装着する時間すら無かったので、F田部員の車載動画、レース全ノーカット版です!
2019/06/07

初の富津SSランドへGO!

昨日は、富津SSランドに行って来た!
アクアラインを抜ければ自宅から40分で着くかな~り好立地なコース
富津SSランドは有志の方々が富津市から土地を借りて非営利で営業されている珍しい形態のコース。
管理者の方に事前に連絡をして現地で鍵を開けてもらい、中に入り、管理者の方に入会申込書を記入して提出し、走行料3,000円を支払う。
この走行料も地元の小学校へ本を寄付したり、地元の花火大会に寄付をしたり、と有志の方が地元に長く根付けるようとても努力してくださっている。

で、肝心のコースは、平地のモトクロスコースです。
土というよりは砂、サンド質なコース。猿ヶ島ほど石がゴロゴロあるわけじゃないので、深い砂地でフロントが取られないように気をつける以外は、かなり楽しく走れる。

こんな感じに砂な路面。
IMG_4775.jpg
少しフロントが取られる場面もあるけど、全然普通に攻めれるし、寧ろこの路面で練習する方が、普通の土の路面はもっと速く走れるようになる気がする。

IMG_4774.jpg
気温32度の炎天下の中、テントも忘れ、ほんと死ぬかと思うくらい暑かった(笑)

週末のレースに備え、リアタイヤを新品投入した。
IMG_4777.jpg
同じ銘柄だし、ここは急な登りやアタックポイントは無いので、とくに新品になった恩恵は感じず…

晴れ続きだったこともあり、サラッサラだったので、バイクも装備もほとんど汚れず快適だった。
ただ日陰がまったくないので、テントは必須だと思う
IMG_4778.jpg

ミニコースと本コースの二つあるのだけど、ミニでも結構走りごたえあり楽しいので、F田部員と主にミニコースを走って楽しんだ。
この近さとコースの楽しさを考えるとガチ攻めしたい時は今後はここに来ることになると思う

走行動画はこちら⇊