FC2ブログ
RC8Rの呪縛! - cloud racing
2018/08/29

RC8Rの呪縛!

昨年末にRC8RからR1に乗り換えて、早いもので8か月が経過した。
シーズンオフの冬の間に慣らし(1,600キロ)を終わらせ、初のサーキット走行は4月12日のツインリンクもてぎ!

サーキットデビュー4か月で、もてぎ2回、筑波1回、富士ショート3回、日光サーキット1回と、計7回サーキット走行をした。
初走行の日光を除いて、全てのサーキットで前車RC8Rより遅いタイムしか出ていない…

R1に乗り換えた瞬間から全てのサーキットでRC8Rのタイムを大幅に更新出来ると思っていたので、この結果には本当にビックリしている

RC8Rは基本設計が10年前のふた昔前位のVツイン。
しかも鉄パイプフレームで、電子制御も一切ない。
僕が乗っていた初期型のRC8Rは4千回転以下の低速はギクシャクしてとても乗れたもんじゃないし、ハンドリングもスパスパ寝るけど安定感が無くて高速コーナーは勿論のこと、低速コーナーも走りにくい。
立ち上がりもトラコンが無いのに、14キロ近い大トルクのせいで、とてもスライドしやすく開けずらい。
致命的なのは、直線が無茶苦茶遅い(笑)
乗りやすいか乗りにくかと言われれば、好みにもよるけどはっきり言ってのりにくいバイクだと思う。

対してR1は、低速でも粘るエンジンでギクシャクなんか皆無、ハンドリングも安定感があるのにグイグイ旋回していく。
電子制御満載の安心感、直線なんてRC8Rとは比べ物にならないくらい速い!
比べるまでもなく、R1がRC8Rに劣っている部分などまったく無い。

では、なぜRC8Rより速く走れないのか?

自分なりに色々考えてみたけど、以下の3点の内容が原因なのかな?と思ったり…
①ここ8年程は、Vツインばかり乗り継いでいたので、4気筒で攻めるのは10年振りとなり、エンジンフィーリングの違いに戸惑っている。
②RC8Rのフィーリングが自分には合っていた。
③R1は2007年のモデルも乗っていたが、前車GSX-R1000(K5)に比べ全然乗れなくて即手放した。基本的にヤマハハンドリングが合わない?

主に思いつくのは、上記3点。
ただ最近はハンドリングやエンジンフィーリングにも慣れてきて、スプロケを変更したり、ブレーキパットを変更したり、段々自分好みになってきているのは確か。


次回の走行では、富士ショートはRC8Rと同じか、少し上のタイムが出せる感触はあるし、もてぎもあと2回位走ればRC8Rのタイムを超える事が出来る気がする。
筑波は微妙…(笑)

あと、もしかしたら最大の原因は人間の加齢かもしれない?(笑)
自分は毎年歳を取るし、体力も視力も落ちてきているはず。
しかも結構な良い年齢なので、1年ごとにそれが顕著に表れても不思議ではない。
RC8Rと同じタイムが出せるだけでも、人間の老化を考えたらR1は凄いのかもしれない…(笑)
とにかく全てのサーキットで早いとこRC8Rのタイムを更新して、RC8Rの呪縛から解放されたいわ
_I8R0019.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント