FC2ブログ
YZF-R1 4回目の富士ショート! - cloud racing
2018/09/13

YZF-R1 4回目の富士ショート!

昨日は、R1で4回目の富士ショートに行って来た!
メンバーはcloud racing #7RyuちゃんHP4と僕の2台
IMG_3270.jpg

曇り、最高気温20度という最高のコンディション
エンジンにも人間にも優しい状態!
しかもバイクは触媒撤去により5キロの軽量化、レーシングフィルター&リンクパイプ、ECU書き換えにより200馬力オーバーの鬼速仕様なっている。
言い訳を探すのが大好きな僕でもいい訳が出来ない後の無い状況(笑)

これでRC8Rのベストを超えれない事は許されない条件(笑)

いつも富士ショートは緊張することも無く、お気軽に走り出すのだけど、昨日に限っては、RC8Rのベスト(32秒6)を破らないといけないというプレッシャーからか、珍しく緊張して走り出す(笑)

1本目!
ここで問題発生…
涼しくてエンジンパワーが出ているからなのか?
レーシングフィルター&リンクパイプ、ECU書き換えによるパワーなのか?
触媒撤去による5キロ軽量化&人間の3キロ軽量化、合計8キロも軽くなっているからなのか?
その全てが多分該当しているのだど思うけど、パワーリフトが激しすぎて、走れたもんじゃない
とにかくパワーがあり過ぎて持て余してしまう

たまらず、すぐにピットインしてずっとオフで走行していたウイリーコントロールをオンにしてみて走行した。
しかしこれがまたダメダメで、棹立ちするほど上がったり、10センチくらいのリフトアップで強烈に制御が入ったりで、とても乗りずらい

結局アクセルを戻し気味にしたり、全開まで開けなかったりという乗り方しかできず、メインストレートのスピードが乗せれなかった。
そんなこんなでも、なんとかギリ32秒台に入り、1本目が終わった。
IMG_3274.jpg

2本目!
この日は平日富士ショートとしては珍しく、走行台数6台と少し多い状況。
14周目から32秒8、32秒7、32秒6と、3周続けてタイムが上がり出す。
次の周で32秒5を狙ったのだけど、周りとの速度差が激しいので、これ以上のクリアラップは取れず、32秒6で終了。
IMG_3275.jpg
この時点で、R1でのベスト更新は勿論のこと、RC8Rのベストと並んだ

午前中の2本だけで帰る予定だったのだけど、最後にクリアラップが取れず不完全燃焼だったのと、どうしてもRC8Rのベストを更新したかったので、午後の3本目も走ることにした。

そして3本目!
Ryuちゃんと僕の2台貸し切り状態という恵まれた環境になったのだけど、毎度この3本目がどうもテンションが上がらない…
1時間30分間が空いてしまうからか、どうもリズムに乗れない。
32秒6あたりで、何周も続けてラップは出来るのだけど、結局RC8Rのベストを更新することは出来なかった
IMG_3277.jpg
IMG_3276.jpg

課題として、富士ショートでは持て余してしまうパワーをどうするか?
あのウイリーを上手くコントロール出来ない限りはこれ以上のタイムアップは望めない。
厄介なのが、RC8Rや1290スーパーデュークRは、2速でリフトアップしても3速に入れてしまえば収束したので、まだ走れたのだけど、R1の場合は、パワーがあり過ぎて、2速でリフトアップした際、3速に入れて一旦フロントが落ちても直ぐに3速全開中にまたフロントが浮いてきてしまう。
ウイリーは好きだし、それなりにコントロール出来るつもりだったけど、ウイリーし過ぎてこんなにも持て余してしまうのは、初めての経験で、どうしたものか?

パワーモードの切り替えで、改善出来るのかな?
ちなみにリフトコントロールは試しに1→2へ変更してみたら、制御が掛かり過ぎて、加速が悪く乗れたもんじゃなかった


リンクパイプは良い感じに焼けました~
ステンレス最高~(笑)
IMG_3273.jpg

さて、次なる課題の克服もだけど、RC8Rと同じレベルで走れるまで、何とか来たのは良かった事!
R1に乗り換えてから、今年4月からサーキットを走り出して、なかなかR1に馴染めず、乗換失敗かな?と思いながらも徐々に自分好みに仕上がって行き、昨日でやっとR1も乗れてきた感触になった!

本来ならRC8Rよりも高性能なR1なのだから、RC8Rよりも速く走れて当たり前だとは思うけど、RC8Rで32秒6で走っていたのは、もう2年以上前の事、あれから2歳も歳を取り、目も体もきつくなってきたご老体で、2年前と同じタイムが出せるだけでもやはりR1のお陰なのかもしれない…(笑)

IMG_3271.jpg

IMG_3269.jpg

走行動画はこちら↓↓






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント